ブログ運営

【比較】アフィンガーとJINどちらにすべきか解説【迷ったときの参考に】

2021年6月24日

  • 新しくWordPressテーマを使おうと思っているけど、アフィンガーとJIN、どっちにするか迷っている
  • 両方使った経験がある人の感想を知りたい

こんな悩みを解決したいと思います。

アフィンガーもJINも、どちらもおすすめの有料テーマとして人気なので、迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、アフィンガーもJINも両方使ってきた経験から、アフィンガーとJINを比較したいと思います。

ちなみにこの記事を書いている私は、最初はJINを使っていましたが、アフィンガーに切り替えています。その理由も合わせて紹介します。

アフィンガーとJINを比較

これからアフィンガーとJINを比較していきたいと思います。

比較していくのは以下の5つの項目。

比較する項目

  • カスタマイズ性
  • 記事装飾のバリエーション
  • デザイン性
  • 使いやすさ
  • 情報量の多さ

ちなみに両テーマの価格ですが、アフィンガー、JINともに14,800円(税込)と同じ価格です。

※ただし、アフィンガーの場合は特典もついてくるのでちょっとお得感はあります。

カスタマイズ性

カスタマイズ性に関しては、圧倒的にアフィンガーのほうが優れています。

例として、ウィジェットの数を比較してみます。

以下がJINのウィジェット設定です。いたってシンプルな設定項目となっていますね。

 

アフィンガーの場合、以下のようにウィジェットの設定だけでもかなりの数があります。

ウィジェットだけでなく、他にもカラー設定などを含め、アフィンガーのカスタマイズ性はとにかく高いです。

カスタマイズ性が高ければ、「簡単にサイトデザインをカスタマイズできる」「サイトにオリジナリティを出しやすい」というメリットがあります。

カスタマイズ性を重視するのであれば、アフィンガーがおすすめです。

記事装飾のバリエーション

記事を書いていく上で重要なのが、記事装飾パーツのバリエーションです。

記事装飾パーツを使うことで、文章がわかりやすく書けるメリットがあります。

こちらもアフィンガーのほうが優れています。

例えば、ボックスの記事パーツですが、JINは21種類しかないのに対し、アフィンガーはボックスだけでも以下のように豊富です。

ボックス以外の記事装飾パーツに関しても、アフィンガーはとにかく豊富です。

とはいえ、JINの記事装飾パーツだけでも、十分に読みやすい文章にすることができます。

ただし、使えるパーツが限られているので「こういった記事装飾がしたいな」といったときに対応できないこともあります。

デザイン性

デザインに関しては、

  • アフィンガーはスタイリッシュで綺麗な印象
  • JINはシンプルでやわらかい印象

といった感じのデザインになっています。

両テーマのデモサイトで比較してみましょう。

まずはアフィンガーのデザインですが、以下のような感じです。

アフィンガーは、スタイリッシュで綺麗なデザインのサイトに仕上げることができます。

ブログはもちろん、ショップサイトや企業サイトにまで幅広く利用しやすいです。

 

次にJINのデザインですが、以下のような感じです。

JINは、比較的シンプルで柔らかい印象のデザインになります。

どちらかというと、個人ブログに特化したデザインです。

両テーマとも公式サイトで、サンプルが確認できるのでチェックしてみてください。

>>AFFINGERサンプルページ

>>JINサンプルページ

使いやすさ

使いやすさでは、JINのほうがおすすめです。

アフィンガーより機能が少ないのはデメリットですが、機能が少ない分シンプルに使いこなしやすいのはメリットになります。

ブログ初心者の人でも、そこまで戸惑うこともなくサイトを作って運営していくことができます。

決して「アフィンガーが使いにくい」ということではありませんが、JINに比べて機能が多いので、アフィンガーは慣れるのに少し時間がかかります。

情報量の多さ

WordPressテーマを使う上では、マニュアルやネット上の情報量の多さも重要になってきます。

というのも「こんなカスタマイズがしたい」「ここの設定方法がわからない」といった場合に、スピーディーに解決できるかどうかに影響してくるからです。

そうした時に必要なのが、

  • マニュアル
  • サポート
  • ネットの情報の多さ

以上の3つになります。

マニュアルとネット上の情報の多さは互角

まず、マニュアルですが、アフィンガーもJINも充実しています。

「テーマインストール後にやるべき手順」や「各カスタマイズの方法」など、わかりやすく書かれているので、どちらも利用者からの評価も高いです。

また、ネット上の情報ですが、どちらも利用者が多いため情報量も豊富です。わからないことがあった場合、ネットで調べればほぼ解決できます。

いままでJINもアフィンガーも使ってきましたが、わからないことがあれば、マニュアルとネット情報だけで全て問題なく解決できています。

サポートについて

ちなみに、サポートに関しては、アフィンガーもJINも公式のサポートがありません。

公式のサポートはありませんが、

  • アフィンガーは相談フォームがある
  • JINはフォーラムがある

といった感じになっています。

ただし、アフィンガーの相談フォームはかなり限定的な内容でしが質問を受け付けていません。サポートという意味では、アフィンガーはあまり期待できないというデメリットがあります。

JINも公式サポートはないですが、JIN利用者のためのフォーラムで質問をすることができます。

活発にやりとりがされていますし、質問の回答もJIN運営チームの方が頻繁に回答されているので、実質の公式サポートに近い感じです。

JINを使うのをやめた理由

当サイトではアフィンガーを利用していますが、もともとはJINを使っていました。

実際には「JIN」→「ザ・トール」→「アフィンガー」といった順でテーマを変えてきたのですが、JINを使うのをやめた理由を紹介したいと思います。

JINを辞めた理由は2つあります。

JINを辞めた理由

  • カスタマイズ性がそこまで高くない
  • 他のサイトとデザインが被りやすい

カスタマイズ性が高くない

JINを辞めた1つ目の理由は、カスタマイズ性がそこまで高くないこと。

JINは、シンプルで使いやすいので、ブログ初心者におすすめできるのは確かです。

しかし、カスタマイズ性がそこまで高くないので、

  • こんな記事装飾パーツを使いたい
  • こんなサイトデザインにしたい

こういった場合、JINだと限界があります。

解決するには、自分でCSS、HTML、PHPを編集して、パーツを自作しなければいけないので、かなり面倒です。

ブログ運営に慣れてきて「もうちょっと機能性の高いWordPressテーマがいいな」といった感情が出てきたのが理由の1つです。

他のサイトとデザインが被りやすい

JINを辞めた2つ目の理由は、他のサイトとデザインが被りやすいこと。

JINを使ってサイトを運用していると、自分と同じようなデザインのサイトをたくさん見かけます。

JINはブロガーに人気で、初心者にもおすすめされていることから、利用者数も多いです。

その上、カスタマイズ性も高くないことから、オリジナリティが出せずどうしてもデザインが被りやすいです。

アフィンガーとJINどちらにすべきか

アフィンガーとJINを比較してきました。

表で比較内容をまとめます。

アフィンガー JIN
カスタマイズ性 高い 低い
記事装飾 豊富 少なめ
デザイン性 スタイリッシュで綺麗 シンプルで柔らかい
使いやすさ 最初は慣れが必要 使いやすい
情報量の多さ 情報量は多い・サポートは微妙 情報量は多い・フォーラムが便利

アフィンガーがおすすめな人、JINがおすすめな人は以下のとおりです。

アフィンガーがおすすめな人

  • 豊富な記事装飾を使いたい
  • スタイリッシュで綺麗なサイトにしたい
  • カスタマイズ性の高いテーマを使いたい

AFFINGER(アフィンガー)公式サイト

JINがおすすめな人

  • 使いやすいテーマがいい
  • 柔らかい印象のサイトにしたい

JIN公式サイト

どちらも優れたテーマであることは間違いありません。迷ったときの参考にしていただければと思います。

-ブログ運営